葬儀を含む終活について年老いた両親に相談するか悩んでいます。

親が健在の内に話しておきたいこととして、「葬儀」「相続」「お墓」についてが挙げられます。

いつかは話さなければと思いつつも、どれも繊細な話題のため、子から親へは話しづらい、話すきっかけがつかめない、と考える方のほうが多いようです。

▼今は、「自分の身にいつ何が起こるかわからない」と、30代からエンディングノートを記載する方もいらっしゃるようです。

まずはご自身から始めてみるというのもひとつの方法といえるでしょう。

千葉県内の図書館のホームページには『終活について調べる』という項目があり、相続や葬儀などの終活に関連する資料の調べ方や、終活に役立つサイトが紹介されています。

「終活がどのようなものなのか」を知るための第一歩として、図書館の利用もおすすめです。

▼まずはご自身でエンディングノートを作成することで、親との会話のきっかけにもなるはずです。

エンディングノートには「もしもノート」と言う呼び方もあり、「もしも」自分の身に何かあった時に「こうして欲しい」という希望を、家族に残すことができます。

また、所有している銀行口座やクレジットカード、家賃や光熱費など引き落とし情報などを記載しておくと、家族に代理での解約手続きを進めて貰いやすくなります。

忘れがちなパスワードや、友人や知人の連絡先などを記載しておくことで「備忘録」としても便利に使えますよ。

重要な個人情報を記載した場合は、保管場所に注意しましょう。

「もしもノートを作ってみた」という会話から、自然に「終活」の話へと繋げられるかもしれません。

▼また、親と同年代の有名人の訃報など、TVのニュースを話のきっかけにされる方もいらっしゃいます。

「そういえば」と友人や知人の話を例に出し、「もしもの時はうちはどうする?」という仮の話として切り出す方が話しやすいかもしれません。

会話の雰囲気によって、話を進めるか中断するかを決めると良いでしょう。

無理に会話を続けることはお勧めできません。




Comments are Closed